看護部の紹介
看護部の紹介
看護部長挨拶

清水 奈保

 看護部が目指す看護は「小児周産期専門チームの一員として、子どもと家族に寄り添い、その子らしい成長・発達を考えた支援」の提供です。
 看護師は、温かなこころと柔軟な思考で時代に合った看護の実現に努めております。近年、在宅療養患者も増えており、医療的ケアが必要な子どもや家族に対して、専門的知識や技術を持ち、家庭で療養生活ができるよう他職種と協働し支援体制を整備しています。

 また、次代を担う看護大学など教育機関の看護学生・助産学生の臨地実習や、新生児集中ケア認定看護師教育課程研修、医療的ケア研修などの研修生も受け入れています。学生や研修生と看護を実践し、小児看護の楽しさ、喜びを伝えたいと頑張っています。

 看護師の育成は、看護部の重要な課題であり、計画的な育成に力を入れるとともに、個人のキャリア開発も積極的に呼び掛け、大学院への進学や認定看護師、専門看護師資格の取得を支援しています。
 豊かなこころで考えてケアする看護師を育てたいと思っています。看護師の成長は元気な看護部を築き、看護部の財産となります。看護師のひとりひとりが、活き活きと働く元気な看護部でありたいと考えています。

 子どもを可愛いと思う方、家族と共に子どもの成長を支援したいと考えている方、私たちと一緒に働きませんか。
看護部の理念
患者と家族を支え、最適な療養環境と信頼される看護を提供します。
基本方針
  1. 患者及び家族の権利を尊重し、信頼される看護を実践する。
  2. 看護の専門性を発揮し、安全なチーム医療を提供する。
  3. 地域と連携し、患者と家族を支援する。
  4. 小児専門病院の看護師として、自己研鑽する人を育成する。
看護部の概要
病床数
150床(ICU加算8床 NICU加算15床 MFICU加算6床) 
職員数
看護職員:211名(定数)
看護 
入院基本料  一般病棟7:1
特定入院料  小児入院管理料1・4
看護単位
10単位
 看護方式
固定チームナーシング 
勤務体制
病棟:三交替制 
日勤 8:30~17:15
準夜16:30~ 1:15
深夜 0:30~ 9:15 
管理師長:二交替制
16:30~ 9:00