技術部 放射線課 超音波室
超音波室
 超音波検査とはプローブと呼ばれる機械を体の観察したい部位にあて、そこから発信される超音波を利用して体内の臓器の観察を行います。超音波検査のメリットとして被ばくがないという点が挙げられ小児の検査においてとても有用なものです。
 検査は放射線科医が行い、検査は頭部、頸部、腹部、四肢など心臓を除いた様々な部位の検査を行っています。なお心臓超音波検査は検査課にて循環器内科医、臨床検査技師が行っています。超音波検査は被ばくがないため検査中も保護者の方の付き添いが可能であり、この部屋でも患者さんはDVDを見ながら検査を行うことが可能です。