技術部 栄養調理課
技術部
技術部 栄養調理課
1.業務内容
 適切な栄養療法は、治癒力を高め、患者様の生活の質(QOL)の向上にもつながります。
 栄養調理課では、食事やミルクなどの提供をとおして、患者様の治療やすこやかな成長をささえていきます。
 また、入院・外来患者様とご家族の方を対象に、栄養・食生活相談も行っております。
  1. 調理
    ・食事の種類
      一般食:常食
          粥食(全粥・七分粥・五分粥・三分粥・流動)
          離乳食(初期、中期、後期、完了期)
      特別食:腎臓食・膵臓食・潰瘍食・肝臓食・糖尿食 など

    ・食事の区分
     幼児1(1~2歳)
       2(3~5歳)
     学童1(6~7歳)
       2(8~9歳)
       3(10~11歳)
       4(12歳~)
     妊産婦

    ・食形態・禁止食品・特別対応等
     食形態:主食(米飯・全粥・七分粥・五分粥・三分粥・流動など)
         副食(大きざみ・小きざみ・極きざみ・ミルきざみ・ミキサー・ペーストなど)
     禁止項目:食物アレルギー、薬・治療、嗜好で食べられないものは除去及び代替食で対応
     特別対応:食事量の増減、主食の変更、おやつの変更、追加食品 など

    ・配膳時間
     朝食     7:00
     午前おやつ 10:00
     昼食    12:00
     午後おやつ 15:00
     夕食(夜食)18:00

  2. 調乳
     普通ミルク、低出生体重児用ミルク、特殊ミルク(代謝異常・吸収障害・アレルギー用)、濃厚流動・成分栄養剤等を一括調乳して病棟へ配乳しています。

  3. 栄養相談・指導
     入院中の食事相談、入院及び外来時に離乳食、偏食などに関する相談、特別食や小児食物アレルギーなどの指導を行っています。
2.スタッフ
 患者様に、きめ細やかなサービスを提供できるよう、スタッフ21人でがんばっております。チームワークの良さが自慢です。
 ・管理栄養士(病院職員) 3名
 ・調理師(病院職員)   4名
 ・栄養士(委託職員)   4名
 ・調理士(委託職員)   3名
 ・調理員(委託職員)   7名
 
3.選択食
 当センターでは、医食同源をモットーにお食事を提供しております。
 新しい命を生み育てるという大切な時期にある産科の皆様が、入院生活を楽しみながら、健やかに過ごしていただけるように、平日夕食時に選択食を実施しています。