薬の飲ませ方・使い方(薬剤部)
 小児の薬も、大人と同じように水で服用するのが一番良い方法です。
 聞きわけができる年齢の子どもには、薬の目的を説明し、納得させる事も大事。薬はまずいという印象を与えないことです。赤ちゃんは、味について好き嫌いは少なく、比較的なんでも口にします。
1.シロップ剤(水薬)の場合
 のませる前には、容器ごと軽く転倒させ混ぜます。強く振り混ぜると泡だちが強い場合があるので注意しましょう。
 幼児の場合、水薬びんのカップにとり、飲ませます。甘味が気になる場合は、のめる程度の水でうすめてみましょう。
 乳児の場合は、スポイトか針のない注射器を使って、子どもを上向き斜めに抱いて、親指と中指で両ほほを押さえて口を開かせ、奥歯のあたりに少しづつ流し込み、水、ミルクやジュースを与えます。舌の前の方だと外に出してしまい、のどの方へ直接流し込むとむせるので注意しましょう。
2.粉薬の場合
 1包中の粉を袋の一ヵ所にまとめ、数滴の水を加え、よく混ぜてペースト状にします。よく洗った指先につけ、口の中の上あごか、ほほの内側に塗りつけ、すぐに水かミルク、ジュースを与えます。
 小児用粉薬は、それ自身味付けされていて、適度に水でうすめるだけの方が、いろいろな味が混ざらず、のみやすい場合もあります。
 シロップ剤やジュースに、その都度なら混ぜてもかまいません。しかし、長く置くのはやめましょう。2~3時間で変化してしまう薬もあります。また、かえって苦味が増す薬(クラリシッドなど)もあります。薬をミルクに混ぜるのはやめましょう。赤ちゃんにとってミルクは大切な主食。ミルクの味がかわってミルク嫌いになったら大変です。
3.坐薬
 入れにくいときは、使用時に水や油でぬらしてから挿入すると良いでしょう。できるだけ排便を済ませた後に挿入し、1~2分肛門を押さえておいて下さい。それでもすぐに出てしまったら、もう一度挿入して下さい。挿入して30分以上たって出てしまった場合は、薬は吸収されているので、すぐに追加せず、様子を見てください。
 坐薬は体温くらいの温度で溶けるようになっていますので、冷蔵庫に保管するようにしてください。
4.薬の与え方と保存
 子どもに薬をのませる時間は、食事の時間、食後、食前にあまりこだわらず、飲ませやすい時に与えましょう。吐きやすい赤ちゃんには、空腹時にのませてもかまいません。
 水薬や坐薬は冷蔵庫内に、粉薬は湿らないように缶などの密閉容器に入れて下さい。子どもの手の届かないところに置きましょう。
群馬県立小児医療センター薬剤部
2003.1作成