薬剤部
薬剤部
1.スタッフ紹介
・薬剤師10名(嘱託2名を含む。)
2.調剤
(1) 医師の処方箋に基づいて、薬を1人1人にあわせて調剤します。
(2) 年齢や体重に応じて薬の量を変えるため、粉薬や水薬の調剤が多くなります。
(3) 粉薬は白い粉が多く、外観で区別することは難しいので、バーコードを利用した調剤監査ターミナルを使用して調剤します。
(4) 処方オーダーデータを使い、薬袋や薬包紙にお子さんの氏名・薬品名などを印刷することができ、外観が似ている粉薬も区別することができます。





(5) 水薬は服用量の調整がしやすく、口当たりが良いなどの特徴があります。
(6) 水薬も、外観だけでは区別しにくいものが多いので、粉薬と同様に調剤監査ターミナルを使用して調剤します。

3.製剤
(1) 治療に必要な薬や消毒薬などで、市販されていないものを調製します。
(2) 超低体重児にも使用できるよう、成分量の少ないけいれん止め坐薬等を調製しています。
(3) 骨髄移植を受ける患者さん用に、各種の無菌製剤の調製も行います。

4.高カロリー輸液(TPN)調製
 食事から必要なカロリーを摂取できないお子さんに、入院中だけでなく、在宅でも治療ができるよう、クリーンルームで高カロリー輸液の調製を行っています。

5.抗がん剤調製
 抗がん剤は、決められたプロトコール(投与計画)に従い投与されます。
 薬剤部では、プロトコールをチェックし、安全キャビネットを使用して抗がん剤の調製を行っています。

6.薬の管理と供給
(1) 薬に関する情報を収集管理し、患者さん・医療スタッフに提供しています。
(2) 特に患者さんには、薬を正しく使用していただくため、薬の作用、用法用量・注意等を説明し、必要に応じて薬の説明書や「薬の飲ませ方・使い方」等のしおりをお配りしています。また薬に関する相談はいつでも受け付けています。

7.院外処方箋
 2008年4月より全面的に院外処方箋に移行しました。
8.治験
 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP省令)に基づき、治験の実施に取り組んでいます。

【現在実施中の治験】
対象疾患 担当科
RSウィルスによる重篤な下気道疾患 アレルギー感染免疫呼吸器科
肺動脈性肺高血圧症 循環器科
小児がん 血液腫瘍科


治験に係る標準業務手順書(PDF)
治験審査委員会の標準業務手順書(PDF)
標準業務手順書補遺(PDF)