血液腫瘍科
1.血液腫瘍科の特色
 血液腫瘍疾患は集学的治療(化学療法、造血幹細胞移植、外科的治療、放射線治療等の様々な治療方法を上手に組み合わせる医療)を遂行することによって最大限の治療成果が得られる専門医療です。当センターでは、血液検査・画像検査・病理検査等が迅速に行える体制を整えており、できるだけ短期間で診断をつけ、集学的治療を開始することを目指しております。個々の症例については、小児内科医(血液腫瘍科)、各外科医師、放射線科医師、病理診断医、また、必要な時は院外から医師を招いてカンファランスを実施することにより高度な医療が提供できるように努力しております。また、国内(一部は海外)で実施されているほとんどの小児白血病、小児がんの多施設共同研究にも参加し、標準的治療のみではなくより高度な治療の開発にも参加しております。
 また、難治性の血液疾患である再生不良性貧血、血球貪食症候群、特発性血小板減少性紫斑病、血友病、免疫不全症等の治療も実施しております。
2.スタッフ紹介
院長 外松 学
資格 日本小児科学会専門医、日本血液・がん学会暫定指導医、日本血液学会専門医・指導医
参加学会 日本小児科学会、日本小児血液・がん学会(評議員)、日本臨床血液学会、日本血液学会、日本造血細胞移植学会
 
第三内科部長 朴 明子
資格 日本小児科学会専門医、日本血液学会指導医、日本小児血液・がん学会指導医(評議員)、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、臨床心理士、日本臨床倫理学会臨床倫理認定士、「子どもの心」相談医
参加学会 日本小児科学会、日本小児血液・がん学会、日本血液学会、日本緩和医療学会、日本臨床倫理学会、日本サイコオンコロジー学会
 
医長 大和 玄季
資格 日本小児科学会専門医
参加学会  
 
医長 鏑木 多映子
資格 日本小児科学会専門医
参加学会  
3.主な対象疾患
 血液疾患:特発性血小板減少性紫斑病、血友病、血球貪食症候群、ランゲルハンス細胞組織球症など
 腫瘍性疾患:白血病、悪性リンパ腫、神経芽腫、ウィルムス腫瘍、肝芽腫、横紋筋肉腫、ユーイング肉腫、胚細胞腫瘍など
4.主な治療
 多剤併用化学療法、造血幹細胞移植など
5.その他
 Tumor Boardについて 小児がんの集学的治療に対する取り組みとして、小児内科医(血液腫瘍科)と小児外科医・放射線科診断医・放射線科治療医・病理診断医とが同じ土俵で力を出し合い患者の治療に全力を尽くためのTumor Board は現代の小児がん治療の基本です。医師のみならず看護婦などのスタッフも招集して開催しています。
6.お役立ちリンク
(財)がんの子供を守る会
日本小児血液学会
日本小児がん学会
日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)
小児がんの治療と研究の進歩を目的とするグループ(TCCSG)
日本骨髄バンク