耳鼻咽喉科
1.耳鼻咽喉科の特色、業務内容
 入院患者さんを中心に、こどもの耳・鼻・咽喉・頭頸部の病気を診療しております。耳では先天性難聴や滲出性中耳炎の患者さんが多く、鼻では副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻呼吸障害などがあります。最も多いのが乳幼児の上気道狭窄による呼吸障害の患者さんです。症状は喘鳴、声がれ、呼吸困難、食物を飲み込みにくいなどがあり、原因としては先天性の喉頭の発育異常、神経の麻痺、咽喉・気管の狭窄があります。症状が強く、長期の気管挿管が必要なこどもは気管開窓術や喉頭気管分離術なども行っております。
2.スタッフ紹介
医師 多田 紘恵 第1,3,5週水曜日15時~
 
医師 紫野 正人 第1,2,4週月曜日15時~
 
医師 桑原 有紀 第4週水曜日15時~